• 神奈川工科大学
  • 神奈川工科大学電気電子情報工学科

研究室所在地

〒243-0292 厚木市下荻野1030
神奈川工科大学工学部
電気電子情報工学科

教員室 C2号館 E509室 (内線3372)
研究室 C2号館 E512室 (内線3366)

研究室 C2号館 E417室 (内線3349))

TEL&FAX 046-291-3234

ホーム > 研究室概要

  • キャッチコピー

    「人工知能による次世代に向けた画像情報システムの研究」
  • キーワード(専門分野)

    • 画像処理
    • 画像工学
    • 人工知能
    • CG(コンピュータグラフィックス)
    • CV(コンピュータビジョン)
    • 医用画像処理
    • デジタルシネマ
    • フォト(デジカメ)画像処理
  • 概要

    現在,コンピュータ社会の発展に伴いデジカメ等の様々なデジタル画像が普及しています.本研究室では,これらデジタル画像からコンピュータを用いて画像解析を行い,画像の高画質化(絵をきれいにすること)や,医療版デジカメとも言えるデジタルX線画像やCT画像等の医用画像から病変の自動抽出などの研究開発を行います.特に後者は,病院などの産業分野で近い将来に役立っていただける実用化システムの研究・開発を目指していきます. パソコン(プログラミング)や画像処理に興味のある方,やる気のある方,大学院進学希望者,歓迎します.パソコンは,特にこだわりませんが,Windows系,C言語(MS Visual Studio)を基本に使っていきます.

  • 主な研究テーマ

    1. 医用画像(X線やCT画像)からのガンの自動抽出

      コンピュータ処理により医用画像からガンの疑いのある部位を自動抽出する研究です.
    2. 医用画像からの特定領域の自動抽出・自動計測

      コンピュータ処理により医用画像から特定の臓器(例えば,肺とか肝臓など)を自動抽出し,大きさや体積などを自動計測する研究です.
    3. 医療診断支援システムの開発

      上記1,2で自動抽出・自動計測したコンピュータの結果を,画像を読影するお医者さんに表示し,診断の参考にしていただくためのシステムです.
    4. 画像の高画質化画像処理

      医用画像および一般写真(例えばデジカメで撮影)の画像を,コンピュータによる画像処理を用いることで,より高画質化(きれいに,診断し易いように)させる研究です.
    5. 写真画像からの人物自動抽出

      デジカメ等で撮影された画像から,自動的に主要被写体(例えば人物の顔)を自動抽出し,そこにフォーカスや明るさが最適になるように画像処理を行う研究です. いずれのテーマも,デジタル画像データからコンピュータを用いて人工知能(人間の認識思考と同様な処理をコンピュータで行う)技術および画像処理技術によって実現させる研究です.
  • 活動内容

    前期は基礎技術(画像処理,プログラミング)の習得や基本文献の講読(輪講:人工知能,コンピュータビジョン,認識工学関係)を中心とし,前期中の各人の研究テーマを設定します.後期より各研究テーマに本格的に取り組み(週1回の研究進度発表),卒研としてまとめる.優秀な学生には学会や研究会での発表もトライ.外部(企業,大学)との共同研究も積極的に進めていこうと思います.

    教員からのメッセージ

    現在,コンピュータ社会の発展に伴いデジカメ等の様々なデジタル画像が普及しています.本研究室では,これらデジタル画像からコンピュータを用いて画像解析を行い,画像の高画質化(絵をきれいにすること)や,医療版デジカメとも言えるデジタルX線画像やCT画像等の医用画像から病変の自動抽出などの研究開発を行います.特に後者は,病院などの産業分野で近い将来に役立っていただけるような実用化研究を目指しています.

  • 2021年度研究テーマ

    • 日本人客員研究員(3名)

      1. 「深層学習による前立腺の体積計測と前立腺がん検出システムに関する研究」 (安倍 和弥)
      2. 「ステレオ画像を用いた測距装置の実用化研究」 (堂之前 義文)
      3. 「AIS情報を用いた船舶動向の探索」 (高橋 昂也)
    • 研究生(休眠中)

      1. 「臨床現場からの医用画像工学への期待」 (永井 優一)
    • 大学院生(2名)

      1. 「AIS信号を利用したビッグデータ解析による船舶の自動分類」 (佐藤 寛将)
      2. 「乳がん良悪性鑑別システムの開発」 (工藤 颯馬)
    • 卒研生(8名)

      1. 「U-Net(領域分割法)による大腸領域の抽出」 (小林 武仁)
      2. 「Covid-19による肺炎進行度の経過変化の定量化」 (岩崎 亮悟)
      3. 「X線画像の散乱線除去処理(バーチャルグリッド)の検討」 (渡邊 青葉)
      4. 「U-Net(領域分割法)による肝腫瘍の抽」 (大塚 唯斗)
      5. 「X線画像の散乱線除去処理(バーチャルグリッド)の検討」 (瀧 理史)
      6. 「U-Net(領域分割法)による前立腺領域の抽出」 (倉科 歩)
      7. 「CT画像からのCovid-19による肺炎進行度の定量化」 (寺嶋 直哉)
      8. 「単純X線画像からのCovid-19による肺炎進行度の定量化」 (吉田 裕輔)
    • 3年特別研究生(未定)

      「未定:AI関連の研究」

        (伊藤 渓人,伊藤 亮哉,菅原 暉典,和田 龍真,堀内 佑紀,大坂 亮二)